亀井岳彦オフィシャルサイト TAKEHIKO KAMEI

Kamei Takehiko Official Site

 

Live情報

音源視聴

discography

グッズ販売

biography

趣味の世界

blog

事務所概要

お問合せ

LINK

 

NEW ALBUM


 

カテゴリー
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links

<< バイショー。。 | ブログのトップ | 1000枚、売れました。。 >>

「Fで挫折しました」って言葉を聞いて。。

先日、時折個人練習で利用頂いている女性の管楽器奏者のお客さんが
帰り際にひょいと事務所を覗かれて、、、
僕が何気にギターを抱えながらPCをポチポチやってると、、
「ギターですね、、私はFで挫折しました、、(笑)」
なんて仰りながら、しばし雑談。。

そういえば!!!
この「Fで挫折しました、、」って方、、意外と多いのかも??
なんて思い立ったモノでちょっとした初心者練習方法を。。

ギターが弾ける人からすると、
使用頻度も高く、弾けて当然の「Fコード」、、
そんな方でも初心者の頃、このコードは何らかの壁だったのでは??
僕も教則本か何かで初めてフォームを見たとき、
「こんなん無理やん」なんて思ったモノでした。。


恐らく、殆どの人が初めてギターを手にするとき、
そのギターは比較的安価なモノだと思う。。
弦高(指板と弦の隙間)が高く、
ギターを初めて手にする初心者のフワフワの指先にとっては、
痛くてたまらず、それこそ「血の滲む思い、、」
そんな感じで練習した方もたくさんいた??かもしれない。。
ナット、サドル(細かい説明はしません)を調整して
弦高を極力低くして、、、
なんて正攻法の調整の仕方もあるだろうけど、
身近にそういった知識のある方がおられたら幸運だけど、
なかなかそんな人もいない場合。。
調整そのものも多少のお金もかかるし、
そもそも安価で、出来の悪い(と仮定する)ギターだとすれば、
調整にも限界がある。。

そんな時には簡単に一発解決!!
弦を少し緩めて、カポタストを使うのです。。
これはあくまでも、僕が初心者の頃にやっていた
練習方法なんですが、
通常、ギターのスタンダードチューニングは1弦から、
E、B、G、D、A、E と6弦まで。。
これを1音(フレット2個分)下げて、
D、A、F、C、G、Dとチューニングします。。
そしてカポタストを2フレットに挟みます。。
こうするとどんなギターでも指板からフレットの高さ分だけが、
そのギターの弦高となる訳です。。
しかも弦の張力がすこし緩まるので、
タッチ(触感)が非常に柔らかく感じます。。
音は通常のスタンダードチューニングです。。


この柔らかくて弾きやすい状態で左手のコードを押さえる感覚を
養っていきます。。
気が付いたころには指先も少しは固くなってきます。。

慣れた頃には、スタンダードのチューニングに戻して、
カポタストを外して、、、。。
それでも弾きづらかったら、ナット、サドルの調整、、
それでも、、、
なんて試行錯誤しているうちにもう少しグレードの高い
楽器が欲しくなってくるんじゃないですかね。。♬



 

スポンサーサイト


  • 2019.10.01 Tuesday
  • 23:36
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック