亀井岳彦オフィシャルサイト TAKEHIKO KAMEI

Kamei Takehiko Official Site

 

Live情報

音源視聴

discography

グッズ販売

biography

趣味の世界

blog

事務所概要

お問合せ

LINK

 

NEW ALBUM


 

カテゴリー
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links

<< 阪神大震災から21年。。 | ブログのトップ | 弾き語りを始めて30年。。 >>

ピックのこと、弦のこと、などなど。。

昨夜はスタジオの夜の予約がなかったので、
久々にギターの弦とピックの買い出しに
大阪梅田三番街のナカイ楽器さんへ。。

こちら、ダダリオのジャズライトゲージってニッケルのゲージです。。
僕は普段は殆どアコギを使うのですが、曲によってはフルアコを使うことがあります。
その時に使う弦がこれ。。
6弦から3弦までラウンドワウンドの巻き弦で、タッチが柔らかい弦なんです。。
太さはアコースティックのライトゲージと同じ。。
ニッケルの弦は柔らかいのかな??
フルアコってなるとフラットワウンドのイメージが強いかもしれませんが、
歌いながら弾いてコードのモードから色々と展開を考える僕にとっては
フラットの指すべりの悪さがどうも苦手なのです。。
そして3弦が巻き弦であることも重要です。。
何て言うのかな、単芯というか、巻いてない弦はちょっとサスティンがきつくて、
アコギを弾く割合が高い僕にとってはちょっと違和感があるのです。。
この弦、女性の方とかで、ちょっと手の力が弱い方なんかだと
アコギにも転用できますよ。。


それにサムピック。。

これも何処のモノでもヨイという訳ではなくて、
僕はナカイ楽器さんで売っているこちらのサムピックしか使いません。。
材質が何で出来ているとか、実は全く分からないのですが、
ピック自身の分厚さや硬さ、もう絶対にコレです。(笑)
べっ甲のピックを使っていたこともあるのですが、
コストの問題もありますし、音が必要以上に固くなって
あまり好きではありません。。
本来なら素手の親指でピック無しで弾きたいところなのですが、
(レコーディングは必ず素手です)
ライブなんかで20曲ぐらい演奏したりする場合、
右手が持たなくなって来るのです。
それに僕だけの事なのかもしれませんが、
サムピックを使うと親指の付け根の掌の筋肉を使って演奏出来て、
かなり気持ちに余裕が出来ます。。

かなり見にくいとは思いますが、
サムピックの裏側というか指に接する内側には
両面テープを張り付けてます。。
長時間弾くと汗とかでピックが滑りやすくなってしまうのですが、
これで大丈夫です!!
それでも1時間半ぐらいのステージで3〜4個ぐらいを使いまわしします。

まぁ、関係ない方からすると全く関係ないお話でした!!(笑)












 

スポンサーサイト


  • 2019.10.29 Tuesday
  • 21:38
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック