亀井岳彦オフィシャルサイト TAKEHIKO KAMEI

Kamei Takehiko Official Site

 

Live情報

音源視聴

discography

グッズ販売

biography

趣味の世界

blog

事務所概要

お問合せ

LINK

 

NEW ALBUM


 

カテゴリー
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links

<< センス。。 | ブログのトップ | 「三国駅」とご当地ソング >>

ストリーミング再生と報酬について・・・

今年の春から「Tunecore Japan」を通じて、
あちらこちらの配信サイトから「ダウンロード・ストリーミング」その両方で
配信しているのですが、お蔭様であちらこちらから
「購入」頂き、まぁ、ちょっとした「印税収入」ってことに
喜びを感じている今日この頃であります。。

「印税収入」って言葉が適正なのかはちょっと疑問なんですが。。
というのも、僕の場合、アルバム1枚丸ごとダウンロードして頂いた場合、
購入価格の約65%が僕の方に入ってきます。
それぞれの国の通貨と日本円のレートや販売価格の差異、
利用いただいた配信サイト、そんなこんなで報酬は微妙に違います。
「印税」というより、制作から全てを自分でやっているうえでの
報酬ですので、元請会社が末端の施工まですべてを自社でやった上での
報酬、、みたいなニュアンスが適正な表現かもしれません。

ダウンロード販売についてはともかく、
ストリーミングについてちょっと。。
先日、おやおや?と思う「売上げ」があったのです。
とある日本の配信会社から、楽曲2曲のストリーミング再生に
対する報酬が24円少々、1回あたり12円少々が計上されてました。
これはストリーミング再生に係わる報酬にしては
かなり高額なんです。。
今までならだいたい1曲につき0.2円〜0.6円、
何を基準にしているのかはよく解らなかったのですが。。

ここからの話は、知っている方からすると
「そんなモン、知ってるよ!!」
って内容になるかもしれませんが、
とある配信会社の報酬算出方法を。。

例えばあるユーザーさん、仮に田中さんとしておきましょう。
田中さんが1か月、1000円で聴き放題の契約をA社という
配信会社と結んだと致しましょう。
配信会社は田中さんから頂いた1000円のうち、500円を
会社の維持費、経費として頂きます。
となるとアーティストに還元されるお金は残りの500円となります。

もし仮に田中さんが「B」というアーティストの楽曲を
1か月に1回のみ、ストリーミング再生したとし、他には
全く聴かなかったとすると、
Bに入ってくる報酬は500円となるのです。

もし田中さんがBの曲のみ1か月に100回再生したとすると、、
この場合もBに入ってくる報酬は500円、、
1回の再生についての報酬は5円となります。

またまた田中さんが1か月にBを含めて10人のアーティストの曲を
100回ずつ、合計1000回をストリーミング再生した場合、
Bへの報酬は50円、1回あたりの報酬は0.5円となります。

つまり、田中さんが配信会社に支払った1000円のうち、
500円がどういった割合でBに還元されるのかを数式にすると、、、

Bの報酬=500円÷Bの楽曲再生回数/田中さんの総再生回数

となります。。


田中さんに関わらずユーザーさんがBの楽曲を再生し、
Bが貰える最高額は500円、
もしヘビーユーザーで様々なアーティストの楽曲を再生すればするほど、
Bが貰える報酬は限りなく0円に近づきます。。
権利の報酬としてこんな形が適正なのか、いささか疑問です。。

これはあくまで日本国内のとある配信会社の
報酬算出法であって、すべての会社がこういった方式を
とっているのかどうかは僕にはわかりません。。
例えば海外の配信サイト「SPOTIFY」なんかは
無料で聴き放題のコースもあります。。
そういった場合、アーティストにはどういった形で報酬が支払われるのか??
そもそも無料ユーザーの再生で報酬は発生するのか??
これも実際のところ解りません。。

また色々と解明されたら書きますね!!(笑)

http://www.tunecore.co.jp/artist/www.takehiko-kamei.com?id=83454&lang=en






 

スポンサーサイト


  • 2019.10.01 Tuesday
  • 21:30
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック