亀井岳彦オフィシャルサイト TAKEHIKO KAMEI

Kamei Takehiko Official Site

 

Live情報

音源視聴

discography

グッズ販売

biography

趣味の世界

blog

事務所概要

お問合せ

LINK

 

NEW ALBUM


 

カテゴリー
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links

<< 2015年 12月のライブ情報 | ブログのトップ | 「Spotify」ってどうなんだろう?? >>

かわいいお客様。。

本人の了解も得てるのでちょっと書きます。。

「カメちゃん、ちょっと話聞いてあげてな!!」
普段なにかとお世話になってる方からこんな電話が入った。。
なんでも知人の女の子がある人に音源制作を依頼し、
出来上がった音源が気に入らないという。。

そして先日、その子がウチのスタジオにやって来た。。
21歳だと。。
「ギター弾いて歌ってるの??」
「はい・・・」
そんな感じで暫しの雑談。。
聞けば、自作曲は音源制作を依頼したその1曲のみで、
時々ライブもしているという。。
人伝いに制作してくれる人を紹介してもらい、
数万円で依頼したと。。
まぁ、ビジネスってことになると数万円はかかりますな。。

「ちょっと意地悪な言い方をさせてもらうと、人伝いに紹介
 してもらった方に制作を依頼して、それが気に入らなかったから
 また人伝いに僕のトコロに来た、、ってことよね。。」
「・・・・・」

「音、聴いてみましょか。。」
ちょっとゆっくりめの8ビートの曲が流れる。。
盛り上がりドコロに歪んだギターの音、
それなりのストリングス、、ギター以外は打ち込みかな。。


「あれ、この曲、アコギの音は入ってないよね。。」
「わたし、まだそんなに上手くなもので。。。」
「いや、そんな意味で言ったんじゃないんよ。。
 代わりの人に弾いて貰ってもいいんだけど。。
 あなたは普段はギターの弾き語りをしてるって言ってたよね。。
 これは僕の価値観でしかないんだけど、この音源を聴いて、
 ギターを弾いて歌うあなたの姿は見えてこないと思うんよ。。
 また逆にギターを弾いて歌ってるあなたの姿を見て、
 この音源を聴くと違和感を感じる人もいるかもしれない。。。
 あっ、まだあなたの弾き語り、聴いてなかったね、、ゴメン、ゴメン。。」

「いえ、いえ・・・」

「僕が言いたいのは、あなたの普段の演奏スタイルと音源とが
 同一線上にあるというか、整合性がとれるというか、
 そういったモノでないと、説得力がないと思うよ。。
 時々耳にすることがあるんだけど、弾き語りだとかのシンプルな
 スタイルでなかなかいい味を出してるひとが、
 いざ音源を作ると、あれやこれやの音を入れたがるの。。
 ちゃんと考えないでね。。
 結果、どうってことないフツーの音になっちゃう。。
 そんなんがすごく残念なの。。
 色々言って悪いね。。」

「いえ、いえ・・・・」

結局、この子はずっと「いえ、いえ・・・」に終始した。。


かなりシュ〜〜〜ンとなってる様子なんで、
こっちも言っちゃったなぁ〜〜〜って気分。。

でもまた来るらしい、、、大丈夫かなぁ。。


スポンサーサイト


  • 2019.10.29 Tuesday
  • 12:22
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック