亀井岳彦オフィシャルサイト TAKEHIKO KAMEI

Kamei Takehiko Official Site

 

Live情報

音源視聴

discography

グッズ販売

biography

趣味の世界

blog

事務所概要

お問合せ

LINK

 

NEW ALBUM


 

カテゴリー
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links

<< 2014年12月のライブ情報 | ブログのトップ | ライブの宣伝・告知に関して、色々と。。 >>

Paul Simon Song Book

僕が20歳の頃、そう、弾き語りを始めて数か月、
あちらこちらのお店に出演させて頂くようになった頃、
神戸のとある小さなライブ・バーに月イチぐらいのペースで
出演していた。
たぶん当時40歳ぐらいの男性の方だと思うのだが、
何故か僕がライブをする時にはよく見に来てくた人がいた。。
そのうち「あっ、どうも・・」ぐらいの挨拶はするようになって、
また数か月が経った頃、
「あなたに是非これを聴いて貰いたい」
と手渡されたカセットテープ。。
「これはね、ポール・サイモンがギター一本でやってるアルバムなんよ、
 サイモン&ガーファンクルでデビューする前のね。。」

サイモン&ガーファンクルでデビューする前・・・ってのは
ちょっと間違いだったけど、
何気にもらったカセット、結局は貪るように聴き倒した。。
当然、レコードかCDが欲しくなり、
色々調べてみるとレコードは廃盤、
そして不確かな記憶だけど、
ポール・サイモン自身が、ギター一本のこのアルバムの
「出来」に不満があり、その後のS&Gの成功もあって
CD化することに反対って事だった。。

聴き倒したカセットも引っ越しやらなんやかんやで、
何処かに失くしてしまったのだが、
数年前に大阪ミナミのライブバーで知り合ったお客さんが
どういう手を使ってか(笑)、レコードを手に入れてくれた。。
嬉しくてチョコチョコと聴いていたのだが、
プレイヤーのレコード針も結構痛んでいて、
聴き倒すのはなんかちょっともったいない。。


なんて思っていると2004年にCD化されてたのです!!
もう10年も前に。。
機会があれば絶対に手に入れようと思っていたのですが、
先日ようやく買いました!!
我が家は毎日ポール・サイモンの弾き語りが流れてます!!


ライナーノーツをちゃんと読むとS&Gでアメリカデビューをしても
全く売れず、失意のまま単身イギリスに渡ったサイモンの
ソロ、、このソング・ブックも当時はあまり売れなかったようです。。
しかしこのアルバムは本当に素晴らしい!!
ギター一本でサイモン一人によるサウンド・オブ・サイレンスなんか
絶品です!!
全ての楽曲がパワフルにグイグイと迫って来て、
当時のサイモンの不遇な境遇と後のS&Gでの成功を顧みると、
言いようのない感慨がこみ上げて来ます。。

アコギ弾き語り人間は絶対に聴くべしの必聴盤ですぞ!!
僕が言うのもなんですけど。。。

ちょっとオマケの話だけど、20歳の頃にもらったカセットには
サイモンの有名なインスト「アンジー」(彼のオリジナルではないですが)
が入ってたんだけど、ソング・ブックにはそれが入ってない。。
ということはあのお客さん、、わざわざ「アンジー」だけを
ダビングしてくれたんだな。。
今何処にいてはるのかな、、、もう一度会いたいなぁ。。
 

スポンサーサイト


  • 2019.09.02 Monday
  • 22:03
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック