亀井岳彦オフィシャルサイト TAKEHIKO KAMEI

Kamei Takehiko Official Site

 

Live情報

音源視聴

discography

グッズ販売

biography

趣味の世界

blog

事務所概要

お問合せ

LINK

 

NEW ALBUM


 

カテゴリー
ブログ内キーワード検索
others
sponsored links

<< ジョージ・ハリソン…、、ビートルズがあと5年続いていたら…。。 | ブログのトップ | 今年も今日まで。。 >>

今、再びJOHN LENNON考。。

「ビートルズになれなかった男」という本がある。
ビートルズブレイク前夜、クビにされたドラマー、
ピート・ベストの回顧録のような本だ。
ピートの回顧録的な著書は幾冊にものぼるが、僕が上記の本を
読んだのは確か10代後半、もしかすると高校生の頃かもしれない…。。

この本の中でのピートへの質問として
「ビートルズの成功に対してジェラシーを感じませんでしたか?」
というのがある…。。
ピートの答えは、
「いや、それはない、、なぜならビートルズの成功は
 僕の想像の範囲をはるかに超越していたからだ。。」

「想像の範囲をはるかに超越した成功」、、これに一番戸惑い、
「これでいいのか?なにかおかしいぞ??」と
常々自問自答していたのが、
「ビートルズを作った男」、ジョン・レノンかもしれない。。

あれやこれやと要望が多く気迷いがちなこの男の生涯は、
ビートルズの成功と引き換えに射殺されるまで迷走を続けた、、、
とも言えなくもないと思う。。

「Hard Day’s Night」では
「犬のように働き…」と歌い、
「Help」はそのまま「助けて!」だし、、、
これが世界中で大ヒットするんですから、
66年あたりのツアーをやめた頃には
ジョンは完全にぶち壊されていたのかもしれません。。

蛇足のような話ですが、
「Hard Day’s Night」を「ビートルズがやってくる!ヤア、ヤア、ヤア」
なんて訳されたら僕なら怒るよ!!(笑)

「ジョン・レノン・ラストインタビュー」という本の中で、
「ビートルズ初期のヒット曲は殆ど俺の単独作だ」という記述がありますが、
マッシュルームヘアーにちょっとガニ股でリズムをとり、
あの「ジョンの声」で甘味料たっぷりのポップミュージックを
次々に歌いあげるジョンのあの頃が僕は一番好きです。。

ポール・マッカートニーでさえ、ジョンと出会ってなかったら、
「世界で最も成功したソングライター」にはなれなかったはず…。。
ジョージも「もの静かなギター好きの男」で生涯を過ごしたかも…。。

やっぱり「ビートルズはジョン・レノンが創った!」と言えるでしょう!!

最後に、「Help」のアコギのリズムギターを聴いているだけでも、
彼がいかに奔放で思いのままに生きる男であったかが解ると思う。。

ジョン・レノンの声を聴こう!!






 

スポンサーサイト


  • 2019.10.01 Tuesday
  • 14:07
  • -
  • -
  • コメント>-
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック